広める会TOPページへ戻る


からくりパズルアイデアコンテスト
とは


箱根で伝統的に作られてきた秘密箱のように、「どうにかしないと開かない箱」のアイデアを募集するコンテストです。
2009年に始まり、以降毎年1月〜3月に広く全国にアイデアを募集しています。

厳正なる審査の結果入選したアイデアを元に、からくり創作研究会の職人が実際に作品を製作します。
製作された作品は、夏休み期間中に展示され、皆さんの投票により各賞が決定し表彰式を行います。

職人もビックリ!のアイデアを、これからもお待ちしています!

作品販売はこちら★ 
 

■お知らせ■

第9回からくりパズルアイデアコンテスト 表彰式が開催されました。
2017年9月9日(土) 11:00〜12:00
小田原地下街HaRuNe小田原ハルネ広場






第9回 (2017)入賞作品





デザイン大賞

「パレット」

「自由な形のからくり箱」部門 入選作品

パレットの上に赤、青、黄の絵の具があり、3つの引出にはそれぞれ紫、オレンジ、緑のつまみが付いています。絵の具は色を混ぜるイメージで動かせます。さて、色を混ぜて引出を開けますが、紫の引出を開けるには…?用いたからくりの原理は「組み合わせ」です。絵の具と引出のつまみは、ろくろ技術で木の部品を作り、この作品のテーマである「色の混合」を表現する為に色付けを施しました。チューブから出したばかりの絵の具に見えるでしょ?

発案者 : 橋本 泰弘

製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)

創作年月 2017年6月

サイズ 136×186×84 mm

材料 : メープル、パープルハート

材料 : 桂、メープル、ウォールナット




お気に入り大賞

「四つ葉のクローバー」

「自由な形のからくり箱」部門 入選作品

この箱の開け方は簡単です。四つ葉のクローバーを探して摘み取るだけです。
ただし、摘み取る順番が問題です。この「順番」の仕掛けを入れるために予想以上に苦労しました。

発案者 : 鈴木 美陽

製作責任者:亀井明夫・ほしのきょうこ(からくり創作研究会)

創作年月 2017年6月

サイズ 150×100×68 mm

材料 : 欅、パープルハート、朴



ユニーク大賞

「きれい好きのクレヨン」
「文房具の形のからくり箱」部門 入選作品

クレヨンが鍵になっている箱です。4本のクレヨンを綺麗に並べないと、収納部分を出すことができません。ピンタンブラー錠と似たような仕掛けを用いました。

発案者 : 田中 陽介

製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)

創作年月 2017年6月

サイズ 175×95×45mm

材料 : アメリカンブラックチェリー、メープル、パープルハート、チャンチン(香椿)、欅、朴、他



ひらめき大賞

「コンパス」
「文房具の形のからくり箱」部門 入選作品

箱の上には描きかけの円があります。
実際に紙に円を描く時のように、急ぎすぎず、慎重に、やさしく、円の続きを描いてください。

発案者 : 後藤 萌

製作責任者:角田 遥(からくり創作研究会)

創作年月 2017年6月

サイズ 121×121×54 mm

材料 : 欅、ウェンジ、メープル、桜、他

 



第8回 (2016)入賞作品



ひらめき大賞

「折る」

「自由な形のからくり箱」部門 入選作品

変形するロボットのような、ダイナミックな動きのからくり箱です。
2ヵ所の収納があります。

発案者 : 岡田 誠

製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)

創作年月 2016年6月

サイズ 140×75×60 mm

材料 : メープル、パープルハート

材料 : 桂、メープル、ウォールナット



ユニーク大賞

「悲しいえび天」

「自由な形のからくり箱」部門 入選作品

お皿に乗りきらないくらい大きなえび天です。
しかし、実は中身が小さい残念なえび天の箱なのです。
多くの人の共感を得られるのではないかと思います。
収納スペースも悲しい感じになりました。
 

発案者 : 橋本 泰弘

製作責任者:角田 遥(からくり創作研究会)

創作年月 2016年6月

サイズ 59×149×44 mm

材料 : カヤ、カリン、桜、メープル、ウォールナット、コブシ



お気に入り大賞

「じゃんけん」

 

「自由な形のからくり箱」部門 入選作品

3つの箱で構成されている作品です。普段はどの箱も鍵がかかっています。2つの箱をじゃんけんをするように向い合わせると、じゃんけんに「敗けた方」の箱の鍵が解除され、ふたを開けることが出来るようになります。仕掛として複数の磁石が使われており、その磁石の向きを巧みに組み合わせることで設計されました。親しみやすい作品となりました。

発案者 : 森谷 聡

製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)

創作年月 2016年6月

サイズ 80×80×78 mm(1個)

材料 : メープル、ウェンジ、他



デザイン大賞

「穴のあいたポケット」


 

「自由な形のからくり箱」部門 入選作品

どうにかしないとコインが入らない仕掛けと、どうにかしないと開けられないふたの仕掛けを組み込みました。

発案者 : 末田 京子

製作責任者:加生 修(からくり創作研究会)

創作年月 2016年6月

サイズ 213×105×135 mm

材料 : ウォールナット、欅、メープル、朴

 

   


第7回 (2015)入賞作品






ユニーク大賞

たんすのかど

自由な形のからくり箱部門 入選作品

「たんすのかど」に足の小指をぶつけてしまうという、
日本人ならではの痛〜いエピソードがもとになっています。
発案者からの「たんすのかどに足をぶつけた時の痛みを笑いに変えたい」
という『訴え?』に審査員、製作職人の気持ちが動きました。
足のリアルな造形と仕掛けの動かし方で、なんとも痛々しい作品になりました。
笑ってください。
 

発案者 : 長澤 剛

製作責任者:亀井 明夫・加生 修(からくり創作研究会)

創作年月 2015年6月

サイズ 177×78×72 mm

材料 : 桂、メープル、ウォールナット

ワクワク大賞

バレンタインデー

 

自由な形のからくり箱部門 入選作品

男の子と女の子が仲良くなると引き出しが飛び出します。
 

発案者 : 熊谷 峰夫

製作責任者:宮本 達雄(からくり創作研究会)

創作年月 2015年7月

サイズ 120×110×51 mm

材料 : 桜、カリン、ウォールナット

 

ひらめき大賞

双子

自由な形のからくり箱部門 入選作品

秘密箱を改良した双子の箱です。
単独では開けられませんが、うまく組み合わせると4ヶ所に収納できるようになります。
あなたならどんな形を作りますか?
 

発案者 : 橋本 泰弘

製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)

創作年月 2015年6月

サイズ 90×90×45 mm(2個)

材料 : 桜、ウォールナット、欅
 

ビックリ大賞

拡散

 

自由な形のからくり箱部門 入選作品

木の収縮による影響を少なくするため、新たな構造を考え出しました。
動き自体はシンプルですが、精度よく作るには非常に苦労しました。

 

発案者 : 岡田 誠

製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)

創作年月 2015年5月

サイズ 90×90×90 mm

材料 : 桜、ウォールナット、楢

 



 

デザイン大賞

消火器」


 

自由な形のからくり箱部門 入選作品

消火器の使い方がふたを開けるためのヒントになっています。
消火器のレバーの構造をそのまま使うことができました。

 

発案者 : 森谷 聡

製作責任者:角田 遥(からくり創作研究会)

創作年月 2015年5月

サイズ 148×230×φ75 mm

材料 : パドゥク、ウェンジ、タモ神代、他

お気に入り大賞

「手数料をいただきます」

貯金箱なからくり箱部門 入選作品

貯金を取り出すのに手数料がかかる、というアイデアの作品です。
お金を預貯金するATMがモチーフです。
手数料を入れてATMらしい操作をすると、引出が開き貯金が取り出せます。
再度引出を閉めると引出に鍵がかかり、手数料が貯金されます。
お金が必ず1枚中に残ってしまうという矛盾が、このアイデアの面白さでしょう。

 

発案者 : 末田 京子

製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)

創作年月 2015年6月

サイズ 127×127×118 mm

材料 : 楢、朴、メープル、他

 



第6回 (2014)入選作品





デザイン大賞


チューニングOK!

自由な形のからくり箱部門 入選作品

ウクレレを弾き始める前にまずすることは?
うまく調整してください。
 

発案者 : 七五三 雅也
製作責任者:角田 遥(からくり創作研究会)
創作年月 2014年6月
サイズ 91×260×55 mm
材料 : 桜、ウォールナット、その他



 

お気に入り大賞

「風車 (かざぐるま)」

自由な形のからくり箱部門 入選作品

エクスパンション(拡張)と呼ばれる動作があります。
このタイプはからくり箱との相性が良く、先例がいくつかあります。
反対に、コントラクション(収縮)の動きをする箱はありませんでした。
この風車という作品では、発想を少し変え、コントラクションの動きを作り出しました。仕掛けはシンプルです。

 

発案者 : 橋本 泰弘
製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)
創作年月 2014年6月
サイズ 99×99×66 mm
材料 : メープル、ウォールナット、朴




ひらめき大賞

「ティッシュが箱に大変身」

自由な形のからくり箱部門 入選作品

見ての通りティッシュケースです。
フタを開けるとさらにポケットティッシュ用のティッシュケースになります。
天板には箱根らしく小寄木を使用しました。
 
 

発案者 : 渡辺 紘子
製作責任者:加生 修(からくり創作研究会)
創作年月 2014年6月
サイズ 157×103×69 mm
材料 : ウォールナット、メープル、朴、小寄木

 




ビックリ大賞 

「ほどく」

 

四角い形のからくり箱部門 入選作品

「紐をほどく」というイメージの作品で、箱の周りにひもがぐるぐる巻きになっています。(イメージ)
その紐をほどかなければ、箱は開けられません。どうにかして紐をほどいてください。
 

発案者 : 岡田 誠
製作責任者:亀井 明夫(からくり創作研究会)
創作年月 2014年6月
サイズ 88×88×87 mm
材料 : ウォールナット、桂

 



第5回 (2013) 入賞作品

「自由な形のからくり箱」・「四角い形のからくり箱」
の2部門でアイデアを募りました。




お気に入り大賞

「お湯を止めて」

自由な形のからくり箱部門 入選作品

埼玉県の大野俊輔さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。

ポットから注がれているお湯で、湯呑みは今にも溢れんばかりの満杯状態。
このままではこぼれてしまいます。お湯を止めなきゃ!でも、どうやって?
火傷しないように気をつけましょう。
 

発案者 : 大野 俊輔
製作責任者:角田 遥(からくり創作研究会)
創作年月 2013年6月
サイズ 120×169×164 mm
材料 : ウォールナット、コブシ、楢、欅



デザイン大賞


「おりづる箱」

自由な形のからくり箱部門 入選作品


千葉県の末田京子さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

形は折り紙のつるになっていますが、収納部分もあります。

「おりづる」の形を造ることに苦労しました。仕掛けは簡単です。
シンプルな仕掛けのからくり箱です。

発案者 : 末田 京子
製作責任者:亀井 明夫(からくり創作研究会)
創作年月 2013年6月
サイズ 220×130×120 mm
材料 : ウォールナット





ビックリ大賞 

「一枚いかが」

自由な形のからくり箱部門 入選作品


東京都の堀口拓未さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。

板ガムがモチーフです。箱が開くと、中に板ガムを収納することができます。
今や主流ではなくなってきた板ガムですが、ぜひ中にしまって「一枚いかが?」とお友達を楽しませてみては?
シンプルな仕掛けのからくり箱です。

発案者 : 堀口 拓未
製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)
創作年月 2013年6月
サイズ 151×50×40 mm
材料 : 朴、桜、メープル、パープルハート



ワクワク大賞

「サクラ、サク。」

自由な形のからくり箱部門 入選作品

北海道の宮本要子さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

作品名に「サクラ」とあるのに、表面のデザインは梅の花のように見えます。
作品の下の部分が収納箱になっています。
仕掛を動かしていく中で、そこに隠された意図が見えて来るはずです。


発案者 : 宮本 要子

製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2013年6月
サイズ 104×104×84 mm
材料 : ウォールナット、カリン、けやき、神代けやき、メープル、朴


ひらめき大賞

「ひねる」

四角い形のからくり箱部門 入選作品

愛知県の岡田誠さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

作品名にあるように、「ひねる」という操作を駆使して開ける作品です。
手数は5回です。今回のコンテストの募集テーマの一つである、「四角い形のからくり箱」にふさわしい作品と言えそうです。
 

発案者 : 岡田 誠
製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2013年6月
サイズ 90×90×90 mm
材料 : 朱理桜、けやき



第4回 (2012) 入賞作品

「からくり箱」と「シルエットパズル」の2部門で
アイデアを募りました。

シルエットパズルの入選作はこちら
(PDFファイル  印刷すると部品を切り抜いて遊んでいただけます。)




お気に入り大賞

「水に流して」

千葉県市川市の末田京子さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。


見た目そのまま!トイレです。ついにトイレがからくり箱になりました。
便器と水タンクが箱になっています。

1つ目の箱は、次に使う人への気遣いを表現すれば、開けることができます。さて、2つ目の箱はどうしたら良いでしょう?
 


発案者 : 末田 京子
製作責任者:宮本 達雄 (からくり創作研究会)
創作年月 2012年6月
サイズ 95×216×165 mm
材料 : メープル、ウォールナット、楢、他



デザイン大賞 

「お熱いのがお好き?」

北海道札幌市の宮本要子さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

有名な南部鉄器をからくり箱にしました。
仕掛けは「熱くなったお湯を注ぐとふたが開く」というストーリーに沿って作られています。

アツアツの鉄瓶で、お茶でもいかがですか?


発案者 : 宮本 要子

製作責任者:亀井 明夫、角田 遥 (からくり創作研究会)
創作年月 2012年6月
サイズ 150×120×165 mm
材料 : ウォールナット



ビックリ大賞 

「電球」


神奈川県箱根町の半田嵩越さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

モチーフはソケットに入った豆電球です。
よく見るとフィラメントが切れています。このままではからくり箱は開きません。
歯車を使った仕掛けを作りました。歯車も木製です。
電球のガラス(プラスチック)球部分は開きません。どこがふたでしょうか。



発案者 : 半田 嵩越

製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2012年6月
サイズ 84×84×164 mm
材料 : ウォールナット、ブナ、パドゥク、他





ワクワク大賞

「フォルダ」

大阪府豊中市の増池誠史さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

パソコンでよく見るフォルダが箱になりました。
マウスカーソルを使ってフォルダを展開させると箱が出てきます。

仕掛けに強力な磁石を使っていますので、カード等、磁気の影響を受けるものは近付けないでください。
       


発案者 : 増池 誠史

製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)
創作年月 2012年6月
サイズ 本体:120×85×50mm、カーソル:87×56×30mm
材料 : カヤ、ウォールナット、メープル、他



第3回 (2011) 入賞作品



お気に入り大賞

「横断歩道」


大阪府豊中市の増池誠史さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

横断歩道は、右左の安全を確認して、気を付けてわたりましょう。こどもが横断歩道をわたる様子が、そのまま作品として表現されました。安全確認を怠ると、横断歩道はわたれません。
最後にからくりの扉が開く瞬間まで、こどもが横断歩道をわたる姿が、「からくり」として絶妙に表現されています。
どんな開き方をするのか、イメージできるでしょうか?
 

発案者 : 増池 誠史
製作責任者:宮本 達雄(からくり創作研究会)
創作年月 2011年7月
サイズ 198×110×188 mm
材料 : ウォールナット、ミズキ、カリン、ローズウッド、レンガス、サクラ、他


デザイン大賞

「ラッコ」

神奈川県小田原市の松本幸子さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

かわいらしい外観とは裏腹に、最も仕掛の凝った作品となりました。ラッコと言えば、貝を割る愛らしい姿を思い出しますが、まさにその様子が作品になりました。
つい、ラッコが持つ貝に触ってみたくなりますが、貝はラッコ自身に割ってもらって下さい。その為に、あなたも少し苦労するはずです。
うまく貝が割れると、更にもう一段階の仕掛が待っています。
 

発案者 :松本 幸子
製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2011年7月
サイズ 222×100×64 mm
材料 : 朱理桜、ウォールナット、メープル、他





ビックリ大賞

「タンス in タンス 1号機」

埼玉県川越市の丹羽秀樹さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

寄木模様が印象的なこのタンスは、和家具の針箱をイメージした作品です。
引出がガタガタしていますが、もちろん普通には開きません。他に動きそうな所も無く、打つ手無しかと思いきや、何とも大胆な仕掛が待っています。“小さな”引出は、最後には、ちゃんと実用にも使えます。

シンプルで清楚な市松模様は、周囲と調和しやすく、飾っておきたくなる作品です。
 

発案者 : 丹羽 秀樹
製作責任者(設計) 岩原 宏志(からくり創作研究会)
製作:土屋木工所
創作年月 2011年7月
サイズ 108×97×105 mm
材料 : エンジュ、ウォールナット、ミズキ



ひらめき大賞

「懐中電灯」
神奈川県箱根町の半田翔幹さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です
最も「からくり」らしい、その楽しさを味わって頂ける作品となりました。
「電池を交換したのに、懐中電灯がつかない。」こんな困った経験はありませんか?そんな懐中電灯にまつわる皆さんの経験が、この作品の中に凝縮されました。
中にセットされている乾電池も、ライトをつけるためのボタンも、うまく仕掛に利用されています。「懐中電灯らしさ」が光る作品です。


発案者 : 半田 翔幹
製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2011年7月
サイズ 170×96×105 mm



ワクワク大賞

「だるまたいし」

石川県白山市の西田晃さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

目玉はぎょろり、鼻はクルクル動きます。眉毛はあっちが上がったりこっちが下がったり、お腹の模様も踊ります。とても表情豊かなだるまに仕上がっています。
だるまの顔をいろいろと動かすと、お腹から引き出しが出ます。
発案者の方が描いただるまの顔に職人が惚れ込んで制作しました。
とにかく、顔が命です!


発案者 : 西田 晃
製作責任者:角田 遥 (からくり創作研究会)
創作年月 2011年7月
サイズ 66×145×130 mm
材料 : カリン、バースウッド、神代カツラ、サクラ、他




第2回 (2010) 入賞作品



お気に入り大賞


「グランドピアノ」

石川県白山市の山本浩さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。


おもちゃのピアノをイメージして作られていますが、雰囲気がでているでしょうか?箱を開けるヒントは、「和音」です。ただし、音はでません。ある特定の鍵盤がカギになっています。心で音を感じながら箱が開く和音を探してください。


発案者 : 山本 浩
製作責任者:角田 遥 (からくり創作研究会)
創作年月 2010年7月
サイズ 180×143×85mm
材料 : ウォールナット、朱理桜、メープル、ウェンジ、他



デザイン大賞


「お正月」

北海道札幌市の宮本要子さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。
「も〜ういくつ寝ると〜お正月〜♪」の歌を思い出して下さい。さて、どんな歌詞だったでしょうか?箱を開けるヒントはこの歌です。この箱には歌に出てくる物がついていますね。どうやったら箱を開けることができるでしょうか?
凧の顔は発案者が書いてくださった顔に忠実に作りました。独楽は箱根のろくろ名人の作です。日本のお正月の雰囲気をお楽しみください。


発案者 : 宮本 要子
製作責任者:宮本 達雄 (からくり創作研究会)
創作年月 2010年7月
サイズ 200×110×47 mm
材料 : ナラ、ウェンジ、チーク、ミズキ、ウォールナット、他



ビックリ大賞

「キレイにしよう!!」

愛知県愛知郡の村瀬美音さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。

大きな歯です。皆さん、虫歯にならないように歯ブラシでキレイにキレイに汚れを落としましょう。きれいになったら、箱が開きます。まさか歯を箱にするなんて、というモチーフの面白さが際立っています。歯の形はもちろん、歯ブラシもより歯ブラシらしく見えるように心がけた作品です。
 

発案者 : 村瀬 美音
製作責任者:亀井 明夫(からくり創作研究会)
創作年月 2010年7月
サイズ 98×78×98mm(歯)、172×16×21mm(歯ブラシ)
材料 : メープル、カリン、他



ひらめき大賞

「天体望遠鏡」

神奈川県箱根町の半田三友季さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です

ロマン溢れる作品に仕上がっています。

天体望遠鏡の筒の部分が箱になっています。中をのぞいてみると、星が見えます。さあ、ある星座を探してみてください。星座がきれいに見えたら、、、、、?
三脚の付け根の部分についている蝶ネジは仕掛とは関係ありません。また、カギが開きそうな部分が何箇所かありますが、それはダミーです。望遠鏡をのぞいて。星座がきれいに見えるポイントを探してください。
 

発案者 : 半田 三友季
製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2010年7月
サイズ 167×103×180 mm
材料 : メープル、ウォールナット、樺、アクリル(ハーフミラー)他



ワクワク大賞


「とびばこ」

神奈川県小田原市の西田有希さんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。

小学校の体育館などにあるとびばこ。これは実物の12分の1のサイズで作ってあります。発案者の西田さんは体操をやっているそうです。本物のとびばこの雰囲気がでているでしょうか?
箱を開けるヒントは、とびばことセットになっている「踏み切り板」です。六段のとびばこを上手に跳ぶためには??懐かしい体育の授業を思い出しながら、うまく箱を開けてください。
 

発案者 : 西田 有希
製作責任者:川島 英明(からくり創作研究会)
創作年月 2010年7月
サイズ 106×80×100mm (とびばこ)、80×50×28mm (ロイター板)
材料 : 朱理桜、銀杏、帆布、他



ほのぼの大賞


「すばこ」

青森県五所川原市の葛西ごうさんからご応募いただいたアイデアを元にした作品です。

巣箱に穴が開いています。その穴の中にはかわいい鳥が入っています。鳥の顔が見えたら箱が開きます。さて、鳥の顔が見えるようにするにはどうしたら良いでしょう?
素朴な雰囲のかわいらしい作品に仕上がっています。
 

発案者 : 葛西 ごう
製作責任者:宮本 達雄(からくり創作研究会)
創作年月 2010年7月
サイズ 140×90×160 mm
材料 : キハダ、ウォールナット、カツラ、他



第1回 (2009) 入賞作品



お気に入り大賞

「たこやき」

神奈川県箱根町からご応募いただいた半田賀月彦さんのアイデアを元にした作品です。

お祭りの屋台などで見るたこ焼きは、その美味しさはもちろん、たこ焼きをひっくり返すあの素早い手さばきも魅力的です。
この作品は家庭用のたこ焼き器がモデルです。下段の引出には鍵がかかっています。鉄板の上にはまだ焼けていないたこ焼きが6個並んでいます。たこ焼きは、くるっとひっくり返すと焼き上がった状態になります。全てのたこ焼きをうまく焼き上げることが出来るでしょうか?
 

発案者 : 半田 賀月彦
製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2009年7月
サイズ 141×180×86 mm
材料 : ナラ、ウェンジ、チーク、ミズキ、ウォールナット、他



デザイン大賞


「フルーツパフェ」

北海道札幌市からご応募いただいた宮本要子さんのアイデアを元にした作品です。

箱を開けるには、4回、からくりを動かさなければいけません。
それにしてもおいしそうなフルーツパフェですね。
さて、どこから食べますか??
ただし、「サクランボから食べてはいけません」ということです(笑)。




発案者 : 宮本 要子
製作責任者:宮本 達雄(からくり創作研究会)
創作年月 2009年7月
サイズ 84 ×116×179 mm
材料 : ナラ、ミズキ、バオロッサ、他




ビックリ大賞


「雨上がり」

神奈川県小田原市からご応募いただいた國島綾子さんのアイデアを元にした作品です。

今回のコンテストのテーマは「箱」でしたが、なるほど、カサも「箱」になるんだな〜!という審査員の新鮮な驚きをもって選ばれたものです。
どうしたら「箱」が開くか、、、。タイトルがヒント??

箱の中には國島さんの絵を元にしたかわいらしい何かが、、。
開けてからのお楽しみです!!

 

発案者 : 國島 綾子
製作責任者:亀井 明夫(からくり創作研究会)
創作年月 2009年7月
サイズ 120 ×120×163 mm
材料 : カリン、ナラ、ケヤキ、他



ひらめき大賞

「まねきねこ」

神奈川県小田原市からご応募いただいた岡田拓也さんのアイデアを元にした作品です。

縁起の良いものとして親しまれている招き猫。幸運を呼んでくれそうなかわいらしい作品です。
最初、猫は座布団から離れません。小判が気になりますが......。
どうやったら箱が開くのでしょうか??
 


発案者 : 岡田 拓也
製作責任者:宮本 達雄 ・ 角田 遥(からくり創作研究会)
創作年月 2009年7月
サイズ 124 ×124×149 mm
材料 : ミズキ、カリン、ウォールナット、ケヤキ、他



ワクワク大賞


「もちつき」

新潟県からご応募いただいた渡辺美波さんのアイデアを元にした作品です。

臼から餅を持ち上げるのが問題です。
今ではあまり見られなくなった杵と臼での餅つき。機械でついたお餅とは、伸びが全然違います。
さあて、このお餅、おいしそうにつきあがるでしょうか??
 


発案者 : 渡辺 美波
製作責任者:岩原 宏志(からくり創作研究会)
創作年月 2009年7月
サイズ 臼 101×101×101 mm、 杵16×76×101 mm
材料 : 朱理桜、カツラ、布、他


広める会TOPページへ戻る